【マレーシア旅行】ローカルビーチに行ってみた!マレーシアのリアル

スポンサーリンク
マレーシア情報
スポンサーリンク

 

 

こんにちは!ぽっぽ(@poppo_malaysia)です。

マレーシアでビーチと言えば、「ランカウイ島」「ペナン島」などが有名だと思うのですが、今回私はローカルのビーチ(全く有名でない)に行ってきました。

これがリゾート地でない地域のリアルなマレーシアです!

 

 

スポンサーリンク

セキンチャン Sekincyan

私が今回訪れた場所はここ!

クアラルンプールから車で2時間くらいの場所にあるセキンチャン。

可愛らしい名前なのですが実はセキンチャンとは中国語で「農業に適した土地」という意味で、その名の通りセキンチャンには田んぼや畑がたっくさんあります。

 

この田んぼの葉が緑になる時期が3月〜5月と9月から11月だそうでこのシーズンは見渡す限りの一面が緑になりなんとも言えない絶景なんだとか。

ですが今回私は田んぼを見るためでなくセキンチャンにあるローカルのビーチに行ってきました。

 

 

レダンビーチ Pantai Redang

こちらがレダンビーチです。

 

私が行った時はなぜかいつも雨が上がった後なのかもしれないですが、とてもじゃないけど入れないですね。

私はここに3回来ていますが誰一人として海に入ったのは見たことないです。

 

マレーシアのリゾート地はとってもとっても綺麗な海ですがそれ以外の場所は正直これがマレーシアローカルのリアルです。

 

しかし、私は見た事ないですがこのビーチでもサンセット(夕暮れ)はとっても綺麗だと地元の方に聞いたので間違いないと思います。

またこのビーチの近くには美味しいシーフードが食べれる場所がたくさんあったり、ローカルフルーツが堪能できる果樹園「La Familia Orchard」や、トリックアートミュージアム「Sekinchan 3D Art Gallery」など、セキンチャンにはたくさんのみどころがあります。

 

ローカルフルーツ果樹園 La Familia Orchard

トリックアートミュージアム Sekinchan 3D Art Gallery

 

 

まとめ

今回は観光客にほとんど知られていない場所ですが時々こういうローカル巡りも良いのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました