【マレーシア旅行】行く前にマレーシアの文化について知ろう!

スポンサーリンク
マレーシア情報
スポンサーリンク

 

 

こんにちは!ぽっぽ(@poppo_malaysia)です。

どこの国に旅行に行ってもその国々で様々な文化があり、時にはそれの文化を知らなかったが故に旅行中にトラブルになってしまった!そんな文化があるなんて知らなかった!こんなんだったら来るんじゃなかった!

など事前に知られていないことがその場で起こるとせっかくの旅行も台無しですよね。

 

そこで今回は日本人の私がマレーシアに在住してわかったマレーシアの文化についてまとめました。

ぽっぽ
ぽっぽ

旅行に行く前に知っておこうマレーシア!

 

 

スポンサーリンク

マレーシアはイスラム教国

マレーシアの人口は約3,100万人でそのうちマレー系が68,6%、中国系が23,4%、インド系が7,0%の民族比です。

日本ではあまり馴染みのないイスラム教ですがマレーシアではマレー系のほとんどの方がイスラム教徒で、クアラルンプールに限らずどこの町に行ってもモスクという宗教施設があります。

 

イスラム教徒の戒律 食事

イスラム教徒の戒律ではブタ肉の食用を禁じています。一度でもブタ肉を調理した鍋やフライパン、食器、フォークやスプーンは洗剤を使ってキレイに洗っても不浄の物として扱われます。

たとえばマレーシアでラーメンなど食べに行っても豚骨ラーメンがありません。

なぜなら”ブタ”を使用しているからです。

このブタを使用しているレストランにイスラム教徒の方は来れないので豚骨ラーメンは扱っていないお店が多いです。(中華系やインド系のお店は別です)

また、アルコールも固く禁じられています。

なのでスーパーに行っても豚肉やアルコールを店の端っこに隔離して売られていたり扱っていないスーパーもあります。

マレーシア中華系の中にはヒンドゥー教の方がおられます。その方たちは牛肉がタブーです。

 

服装には気をつけて!

半袖や半ズボン、サンダルという南国ファッションに身を包みたくなるマレーシアですがイスラム教では男女ともに肌の露出禁じられています。
イスラム教寺院(モスク)に観光される方は服装に気をつけましょう。
このモスクは信徒にとって神聖な場所であることをくれぐれも忘れないでください。

 

 

マレーシアのトイレ事情

マレーシアの個室トイレは半分が洋式で残りの半分は和式がです。
これはマレーシア人がまだまだ洋式のトイレに慣れていないことが理由だそうです。

マレーシアにはトイレットペーパーがない!?

行く場所にもよりますがマレーシアのトイレにトイレットペーパーがないところの方が多いです。
なぜマレーシアのトイレにはトイレットペーパーがないのか。
それはマレーシア人はトイレットペーパーを使わないからです。
マレーシアの個室トイレには便座の横にホースが必ずついておりそれでマレーシア人は洗い流すのです。日本でいウォシュレットのような感覚です。
なのでポケットティッシュは常時しておきましょう。

 

 

マレーシア人は、、、

マレーシア人は基本的に細かいことを気にしませんし、お客さんが並んでいるから「急ぐ」なんてこともまずないです。
なのでもちろん日本みたいな「お客様サービス精神」がないです。
仕事中なのに、お客さんが並んでいるのに、ゆっくりのんびりすることの方が多いので決して焦らず待ってください。
それがマレーシアという国なのです。

 

まとめ

当ページはマレーシアの文化についてですがもちろんこれが全てではありません。
今回はマレーシアに旅行される前に知っておいて欲しい文化をまとめました。
マレーシアは多民族国家ですがそれぞれの文化を大事にし尊重しあってうまく暮らしています。
あなたもその一部として滞在されるともっと楽しく安全な旅行になるのではないでしょうか。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました