在住日本人が考えるマレーシアで生活する為に日本から持ってきた方が良い物

スポンサーリンク
マレーシア情報
スポンサーリンク

こんにちは、リリーです。

日本から移住する時は誰でも「日本から何を持っていくべきなのか」気になりますよね。

そこで今回は日本からマレーシアに移住した私だからこそ思う「日本から持ってきた方が良い物」をまとめました

これからマレーシアに移住を考えている方に参考になれれば嬉しいです。

マレーシアの生活ってどんな感じ?

まず、マレーシアってどんな国なのかということを少しだけ紹介していきます。

マレーシアには四季がなく、熱帯気候で一年を通して平均の気温は約33度くらいなので、服装は半袖で大丈夫です。

基本マレーシアの物価は安いと言われていますが、年々物価が上がってきています。

近年までは外食した方が自炊より安くついたのですが、レストランやフードコートで外食したら結構なお値段になってしまいます。

また雑貨や家具などもものすごく上がっています。

日本から持ってきた方が良い物

日本からマレーシアに移住してきた私だからこそわかる「日本から持ってきた方が良い物」を商会していきます。

スポンサーリンク

靴や衣類

マレーシアにもスポーツシューズのお店もアディダス、ナイキなどの靴もたくさん買えますし、服ZARAやユニクロまであります。

しかしどれも良い値段がします。

また服などは一年中夏の為、今年の流行りモノなどを取り入れている店が少なく、品揃えがあまり変わらないといった傾向にあります。

断然日本の方がおしゃれで質の良いものばかりなので、服や靴は全て日本で買ってくる事をおすすめします。

コンタクトレンズやスキンケア用品

コンタクトレンズなどはもちろんマレーシアでも買うことはできますが、マレーシアに来て間もなく英語やマレー語がわからない場合はきちんと頼めない事もあるかもしれません。

やはり目に入れるものなので、安心で安全な日本から持ってくることをおすすめします。

スキンケアも普段使っているスキンケア用品か、マレーシアは一年中夏なので、日本の夏に使っているモノを持ってくると良いでしょう。

日本ブランドのスキンケアもマレーシアには販売されていますが、とっても高いので日本で買うことをおすすめします。

お薬

持病がある方は病院で処方された薬を必ず持って行って欲しいですが、市販の風薬や腹痛、頭痛、胃痛などの薬は日本で飲んだことある薬を持参しましょう。

マレーシアだと、薬局に行き英語またはマレー語で薬剤師の方にどういう症状かを説明し、薬をもらわなければなりません。

また、マレーシアの薬も海外製なのでアレルギー反応がでてしまったり、副作用がでてしまったりということもあります。

レトルトの日本食品

海外移住してやはり一番恋しくなるのは日本食です。

マレーシアでも日本の食材や日本食レストランなどありますが、やっぱり値段が高いです。

そのため、カレーのレトルトやカレー粉、本だし、コンソメスープの元などを持ってくるといつでも日本食が食べられるので良いですよ。

まとめ

マレーシアにはダイソーやユニクロ、シャトレーゼなどたくさんの日本にゆかりのある店があります。

しかし全体的に値段が高く、日本の方が安いものもたくさんあるため、今回は日本からマレーシアに持ってきた方が良いモノをまとめました。

ぜひ快適なマレーシア生活を過ごしてくださいね!

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました